任意整理による事故情報が記録されるのはいつからいつまで?

任意整理をすると個人信用情報機関に事故情報が記録されてしまうため、以降はクレジットカードの作成やローンの申し込み時の審査に通ることが難しくなります。ただし事故情報は永久に記録され続けるものではないため、一定期間が過ぎ事故情報が削除されれば、またそれまで通りクレジットカードやローンが利用できるようになります。任意整理をした場合、事故情報が記録されるのは5年ほどとなります。ただし、任意整理を行ってから5年なのか、借金を完済してから5年なのかによって状況は大きく変わってきますよね。

信用情報機関にはJICCCIC、全銀協の3つがあり、それぞれ任意整理による事故情報の登録方針が異なります。

JICCは弁護士が任意整理の受任通知を貸金業者に送付した時点から5年間、事故情報が登録されます。JICCは消費者金融の審査で主に利用されます。

CICには任意整理による事故情報は登録されませんが、任意整理前に3か月以上返済を滞納していた場合は「異動」という情報が記録され、これは借金完済から5年間残り続けます。「異動」も事故情報同様、金融機関での審査に大きく影響します。CICはクレジットカードや信販会社での審査に用いられます。

全銀協には、任意整理の際に保証会社が代位弁済をした場合のみ事故情報が記録され、代位弁済実行時点から5年間情報が残り続けます。全銀協は銀行での審査に用いられます。

各信用機関に登録されている情報は個人が開示請求できるため、事故情報が登録されているのか、自分の事故情報が消えたのか、気になった時には開示請求をしてみるといいでしょう。

コメントは受け付けていません。