債務整理の手続きにかかる時間は?

債務整理を行うと決めたらできるだけ早く解決させたいものです。しかし債務整理にはそれなりに時間がかかります。いったいどれぐらいの時間がかかるのでしょうか?

債務整理は手続きを開始したらすぐに解決するというわけではありません。和解条件について債権者と交渉したり、どのように支払いを続けていくかの計画を立てたりとそれなりの時間がかかるものです。

債務整理にかかる時間は、どのような手続きを選択したかによっても変わってきます。

任意整理や過払い金請求の場合、債権者が大手の消費者金融であれば比較的スムーズに交渉が進むことが多く、さらに担当した弁護士がその業者とやり取りした経験が豊富であれば2か月程度で手続きが完了することもあります。一般的には半年程度を見込んでおくといいでしょう。ただし過払い金請求の場合は債権者がなかなか和解に応じず、裁判になるケースもあります。その場合は解決までにさらに半年ほど伸びると考えておいた方がいいでしょう。

個人再生は裁判所を利用することになるため、比較的時間のかかる手続きです。一般的には申し立てをしてから再生計画の認可が下り、再生計画に則った支払いが開始するまでに8か月程度かかります。もちろん、再生計画を立てる時間も必要になります。

自己破産の場合、簡単な同時廃止手続きであれば3か月程度で完了しますが、債務者に一定以上の財産がある場合はその財産を債権者に配当するための管財手続きを行うことになります。その場合は半年以上の時間がかかるのが普通です。

手続きに時間がかかるとその間の返済や債権者からの催促を心配する人もいるかもしれません。しかし債務整理を行うことが決定し、弁護士から債権者に受任通知が送られれば催促はストップする決まりになっているため、落ち着いて手続きを進めることができます。

コメントは受け付けていません。