過払い金請求の「ゼロ和解」に注意

自分で過払い金請求をする場合に注意しなければいけないのが「ゼロ和解」です。

債務整理の方法の一つに過払い金請求があります。過払い金請求は弁護士や司法書士に依頼せずに自分で行うことも可能なので、比較的手軽な債務整理方法と言えるでしょう。ただし、専門家に依頼せずに行う場合は注意しなければならないポイントがたくさんあります。その一つが「ゼロ和解」です。

ゼロ和解とは、債権者が過払い金の請求者に対して、残債をゼロにすることで和解しようと持ち掛けることです。一見請求者にとって有利な和解案にも思えますが、ここで安易に和解に応じると損をしてしまう場合があります。

債権者がゼロ和解を持ち掛けてきた場合は、ほぼ確実に過払い金が発生しています。過払い金の返還をするよりも残債をゼロにした方が自分の会社にとって損が少ないからこそゼロ和解を申し出るのです。

ゼロ和解は取引履歴の開示請求をしたタイミングで持ち掛けられることが多くなっています。そのためここでは絶対に和解に応じず、とにかく取引履歴を開示するよう強く請求しましょう。そして引き直し計算を行い、過払い金の額を算出してから改めて貸金業者に対して返還請求を行いましょう。ここでもまたゼロ和解を持ち掛けられる場合もありますが、ほぼ確実に損をする結果となるので応じないことをおすすめします。もしも相手の交渉に押し切られそうになった場合は弁護士に依頼するのもいいでしょう。当然依頼料はかかってしまいますが、そこまで法外な費用を請求されることもありませんし、自身で交渉するよりも有利に進められる可能性も高くなるので、まずは無料相談だけでもしてみるといいでしょう。

コメントは受け付けていません。