債務整理のデメリット

債務整理には借金の返済負担を軽減できるというメリットのほかにデメリットもあります。

債務整理を行うことで、月々の借金の返済負担から解放されることができます。ただし債務整理にはデメリットもあります。借金苦から解放されるメリットとデメリットを比較した上で、それでも債務整理を行うかどうかしっかりと検討することが大切です。では債務整理には一体どのようなデメリットがあるのでしょうか。

債務整理のデメリットは、信用情報に事故情報が記録される、ということに集約されています。事故情報が記録されるというには、いわゆるブラックリストに載った状態です。普段の生活の中で信用情報に関わることはほとんどありませんが、これはクレジット会社や銀行、消費者金融などで何かしらの申し込みをする際に大きな問題となります。

例えばクレジットカードを作ろうと思ったら、申し込みの際に必ずクレジット会社からの審査を受けることになります。クレジット会社は申込者の審査を、信用情報を利用して行います。そのため、ここに事故情報が記録されていればその申込者は信用が低いと判断され、審査に通りにくくなってしまいます。銀行では住宅ローンや自動車ローン、教育ローンなどさまざまなローンを利用する際に、同様に信用情報を使った審査が行われます。当然、これらのローンの審査も落ちてしまうでしょう。消費者金融で新たな借り入れをする場合も同様です。このように、債務整理を行うことでクレジットカードを作成したり、新たな借り入れをすることが非常に難しくなってしまうのです。

コメントは受け付けていません。