任意整理で必要になるプール金とは?

任意整理をする上で知っておかなければならないのがプール金の存在です。

債務整理の中でも任意整理は、借金の減額効果が自己破産や個人再生と比べて少ない代わりに、債務者の生活への影響を最小限に抑えることができることから比較的取り組みやすい方法と言えるでしょう。

任意整理では、減額できるのは利息分のみなので借り入れ元金はそのまま残債として残ります。ただし、無理なく返済できるように債務者の収入や生活状況を鑑みながら返済期間や月々の返済額の見直しが行われ、返済計画の立てなおしがなされます。しかし、月々の返済額が減るということは返済期間が伸びるということです。利息分の支払いが免除されたといっても、完済までに3年はかかるのが一般的です。債務整理を行う債務者は、もともと返済能力に何らかの問題を抱えているものです。そのため、無理ない返済計画を立てたとしても、3年以上に及ぶ長い返済過程の間に返済の遅延といったトラブルが発生することも容易に想像ができます。

こういったトラブルのリスクを最小限に抑えるための策が「プール金」です。プール金とは、毎月の返済に加えて一定額を積み立てておくもので、万一返済が困難になった場合にはプール金から資金をねん出することで遅滞を回避するのです。このプール金があることで、債権者は再びの借金踏み倒しのリスクを軽減することができ、そのために任意整理の和解が成立しやすくなると言えるでしょう。

月々の積立額は債務者の返済能力に応じて無理のない額が決められます。せっかく任意整理したのにプール金の積み立てのために月々の負担は変わらなかった、なんてことにはならないので安心しましょう。

コメントは受け付けていません。