債務整理後にクレジットカードを作るには

債務整理を行うと最悪すべてのクレジットカードが退会させられてしまう上に当分の間は新規にカードを作ることもむずかしくなります。

債務整理を行うと、信用情報機関に事故情報として記録されてしまいます。そうなると、新たにクレジットカードを作成したりローンを契約する際の審査に通ることが難しくなるのはもちろんのこと、もし債務整理対象にクレジットカードが含まれていた場合、そのカードは強制的に退会させられることになります。さらに、債務整理後に残債を完済し、一定の期間が経過して信用情報機関から事故情報が消去されたとしても、同じクレジットカード会社で新たにカードを作ることはできないでしょう。クレジットカードが債務整理の対象に含まれていなかった場合、強制退会となるか否かはクレジットカード会社によって対応がまちまちです。万一手持ちのクレジットカードがすべて退会させられてしまった場合、債務整理後にクレジットカードを持つにはどうすればいいのでしょうか。

一つに、事故情報が消去されるのを待って新規に申し込みを行うことです。ただし、カード会社はかつて任意整理を行った会社以外の中から選択する必要があります。

もう一つは、いわゆるブラックリスト状態でも申し込みできるカードを選択することです。visaデビットカードは審査が不要なので、信用情報に事故情報が載っている状態でも作成することができます。他にもブラックリストでも作成できるカードの情報はインターネットの口コミでも探すことができるので、こういった会社のカードを作るというのも一つの方法でしょう。

コメントは受け付けていません。