1000万を超える借金なら自己破産で帳消しにできる?

1000万を超える借金は、一般人にとってかなり大きな負債ですが、必ずしも自己破産で帳消しにできるとは限りません。

数十万、数百万円の借金であれば、普通に安定した収入のある人であればなんとか返済し続けることも可能でしょう。収入が少なくても利息分の支払いを免除してもらったり、月々の返済額を多少減額することができれば返済するのはそれほど困難なことではないでしょう。しかし借金の額が1000万円を超えてくると、場合によってはどうがんばっても返済できない、ということもあるかもしれません。つまり、過払い金請求や任意整理を行ったぐらいでは、月々の負担を軽減することはできないということです。

どうしても返済することができない、となった場合は自己破産することですべての借金の支払い義務を免除されることができます。ただし、だれでもが必ず自己破産によって借金から逃れられるというわけではありません。最悪の場合、自己破産したにも関わらず借金の返済義務は残ってしまった、という結果になることも考えられるのです。

自己破産によって返済義務を免除されるためには、借金の総額だけでなく債務者の年収や財産、借金の理由などが一定の条件を満たしている必要があります。借金の額が大きくても債務者にそれを返済することが可能なだけの収入や財産がある場合は免責は下りませんし、借金がギャンブルによるものだった場合も同様です。また自己破産は返済負担の軽減効果が大きい反面、実行したことによる制限も大きい手段です。場合によっては自己破産を選ぶよりも、個人再生や任意整理の方が債務者にとってメリットが大きいケースもあります。債務整理の方法については弁護士としっかりと話し合うことが大切です。

コメントは受け付けていません。