債務整理の目安となる借金の額は?

債務整理を行う上で目安となる借金額や返済額というものはあるのでしょうか?

毎月借金の返済がかなりの負担になっているけれど、その金額が債務整理を行うほどの額なのかどうか判断がつかない、と悩んでいる人も少なくないようです。

債務整理を行う上で、借金の額がいくら以上、月々の返済額がいくら以上であること、といった明確な条件や目安というものは存在しません。300万の借金でも自己破産する人もいれば、数億の借金を債務整理せずに返済する人もいます。

目安となるものがあるとすれば、その人の収入に対して借金の返済額がどれぐらいなのか、という点です。一般的に、月収の3分の1以上が借金の返済に充てられており、それで返済が滞りがちになっている場合は債務整理の検討が必要になります。

また、債務整理にも任意整理、個人再生、自己破産といくつかの方法があります。これも債務者の年収や資産状況、借金の内容に応じて最適な方法を弁護士が検討することになります。例えば、利息分のカットと返済計画の見直しを行うことで、今後3年以内に残債の返済が可能な見込みがある場合は、任意整理の方法が採られます。

これで債権者からの和解が得られなかった場合や3年以内の返済が難しい場合には、続いて個人再生が検討されることになります。個人再生は元金の大幅なカットが可能になる反面、債務者に一定の収入があることという条件があり、またすべての債務が整理の対象となるといったデメリットがあります。

個人再生も行えない場合は最後に自己破産の手続きが選択されます。自己破産するには裁判所から借金返済で生活が成り立たない状況であることを宣告してもらう必要があります。これで免責が下りれば、すべての借金の返済義務が免除されます。

コメントは受け付けていません。