債務整理でいったい借金はどれぐらい減るの?

債務整理でいったいいくら借金を減らすことができるのか、だれでも気になりますよね。

債務整理を行った場合、いったいいくらぐらい借金を減らすことができるのでしょうか。

借金をいくら減らすことができるのかは債務整理の方法によって異なります。例えば、450万円の借金があるAさんの状況を例にとってみましょう。

Aさんは450万円の借金を、月々10万円ずつ返済していました。ただし10万円のうち、利息分の支払いが4万円を占めていました。任意整理を行った場合、利息分の支払いが免除されるため単純計算で月の返済額を10万円から6万円に減らすことができます。実際はもう少し複雑な計算が必要になりますが、減額効果としてはだいたいこんなものだと考えていただければいいでしょう。

Aさんの場合、10万円が6万円になっても月々の負担はそれほど軽減されなかったことから、個人再生の手続きをとることが選択されました。個人再生の場合は最大残債の80%をカット、もしくは残債を100万円まで減額することが可能です。450万円を80%カットすると90万円になってしまうため、ここでは100万円まで減額することが可能となります。ただしこれにも条件があり、残った100万円を既定の期間内に返済することが必要になります。一般的に3年以内に返済することが条件となります。Aさんの場合は、しっかりと3年間で100万円返済することができたため、最終的に借金を450万円から100万円に減額することができました。

自己破産をすればすべての借金を0にすることもできますが、その場合は資産のほとんどを差し押さえられてしまうというデメリットもあるため、個人再生の方が債務者にとってメリットが大きいというケースもあります。

コメントは受け付けていません。