債務整理の弁護士費用は後払いできる?

債務整理を行う人にとって弁護士費用はとても一括で支払える金額ではありません。弁護士費用を債務整理後に後払いすることは可能なのでしょうか?

債務整理をすれば今ある借金を減らすことができます。ただし債務整理をするには弁護士の助けが必須です。弁護士に債務整理を依頼する以上、当然弁護士費用を支払う必要があります。しかし弁護士費用は決して安い金額ではありません。債務整理を行うほど追い込まれた状況にある人に、弁護士費用を一括で支払うことはまずできないでしょう。債務整理が完了し、ある程度月々の生活に余裕が出てきてからであれば支払うことができるかもしれませんが、果たして弁護士費用を後払いすることはできるのでしょうか?

かつては弁護士費用は全額一括で先払いするのが普通でした。しかし最近では後払いかつ分割払いが可能な弁護士事務所も数多くあります。中には昔ながらの一括払いの制度を変えていない弁護士事務所もありますが、どちらかと言えば後払い可としている事務所の方が主流でしょう。

また、法テラスの民事法律扶助制度を利用すれば、いったん弁護士費用を法テラスに立て替えてもらい、その後は月々1万円程度ずつ法テラスに対して分割返済していくという方法を採ることが可能です。

もしもすでに依頼したいと思っている弁護士の目途が立っているのであれば、無料相談の際などに後払いが可能かを確認するのがいいでしょう。まだ弁護士を探している最中であれば、インターネットなどで後払いに対応している弁護士を探すのがいいでしょう。弁護士の当てが全くないのであれば、法テラスを利用して弁護士を紹介してもらうのもいいでしょう。

コメントは受け付けていません。