債務整理を弁護士に依頼する際の委任状とは?

弁護士に手続きを依頼する際に必要になるのが委任状です。

債務整理を行うには、弁護士や司法書士に様々な手続きを依頼することになります。この時に必要になるのが「委任状」です。委任状とは、依頼者が弁護士に対して諸手続きを依頼したことを証明するための書類です。

弁護士は債務整理を行う際、依頼者の代理として手続きを行います。弁護士が代理として手続きを進めるためには、依頼者から代理権を譲渡されていることを債権者や裁判所に証明する必要があります。これを証明するのが委任状なのです。

委任状には、債務者が弁護士に債務整理を依頼している事実が分かる内容を記載する必要があります。具体的には、債務整理の事件名、手続きの内容、行使できる権限の範囲、依頼者が弁護士に対して依頼しているという事実、弁護士の名称や住所、依頼者の署名・捺印、書類の作成日などと記載する必要があります。難しい内容に思えますが、たいていの弁護士事務所にはすでに委任状の書式が用意されているため、基本的に依頼者は弁護士が用意した委任状に署名・捺印をするだけで問題ありません。

ただし、委任状の内容に誤りがあったり、自分の想定とは異なることが記載されていると後々トラブルになりかねません。委任状の内容はしっかりと確認したうえで署名・捺印するようにしましょう。また、委任状は決して弁護士と自分以外の第三者に見られることのないよう注意が必要です。重要な事実が記されている書類だけに、この委任状をもとに、勝手に借金を作られたり、公正証書を作られたりとどのように悪用されるかわかりません。

コメントは受け付けていません。