整理対象の債務を選ぶことのできるメリットとは?

任意整理のメリットの一つに、整理対象の債務を選ぶことができるというものがあります。

債務整理の方法のうち、任意整理には整理対象の債務を選ぶことができるというメリットがあります。

なぜこれがメリットなのかというと、たとえば自動車ローンや住宅ローンを債務整理してしまうと、その自動車や住宅を手元に残すことができなくなってしまいます。また、クレジットカードの借り入れを債務整理してしまうと、そのカードは強制解約されてしまい、さらにこの先同じクレジットカード会社でカードを作ることはできなくなります。保証人のついている債務を整理した場合は支払義務が保証人に移り、相手に多大な迷惑をかけることになりますし、共済組合や互助会からの借り入れの場合は勤務先に借金や債務整理の事実が知られてしまう可能性もあります。

自己破産や個人再生手続きは裁判所が強制的に債務を減額する手続きです。特定の債務だけを整理対象から外すということは、特定の債権者だけを貸し倒れのリスクから救うことになってしまうため、基本的には整理対象を選択することはできません。唯一、住宅ローンだけは例外として個人再生の対象からは除外されます。

どうせならすべての債務を整理してしまった方がいいのでは、と考える人もいるかもしれませんが、債務整理をすることによるこういったデメリットも事前にしっかり考慮しておくことが大切です。その上で、住宅ローンだけを整理対象から外したい場合は個人再生または任意整理を、住宅ローン以外にも整理対象から外したい債務がある場合には任意整理を選ぶのがいいでしょう。

コメントは受け付けていません。