クレジットカードでのショッピングで作った借金は債務整理できる?

クレジットカードのショッピング枠利用でも大きな借金を作ってしまう場合があります。ショッピング枠の利用で作った借金も債務整理できるのでしょうか?

最近では人気タレントがCMに出演したり、大手銀行のグループ会社になったりと、消費者金融もかつてに比べてずいぶんクリーンなイメージが定着してきました。とはいえ、未だに消費者金融でお金を借りることに抵抗のある人は多いでしょう。そういう人でも比較的利用しやすいのが、クレジットカードのショッピング枠なのではないでしょうか。

クレジットカードには現金を借り入れることのできるキャッシング枠のほかに、ショッピングの利用料金をクレジットカード会社に立て替え払いしてもらえるショッピング枠があります。現金を手にするわけではないため借金をしている感覚が薄く、またリボ払いにすればどれだけ使っても月々の返済額は変わらないことから、ついつい使いすぎてしまい、そのうちにいつまでたっても借金の減らない返済難に陥る、というケースは非常に多いようです。特にクレジットカードを持ったばかりの大学生や新社会人などがこのリボ払いの罠にはまることが多いと言われています。このショッピング枠の利用による借金も債務整理できるのでしょうか?

ショッピング枠はキャッシング枠と異なり、もともと利息はそれほど高くないため過払い金請求による借金の減額はあまり望めないでしょう。ただし任意整理によって利息分を減額することは可能です。ショッピング枠利用による返済負担の大部分はリボ払いによる利息の支払いです。そのため、任意整理によって利息の支払いを免除されるのは非常に大きな負担軽減効果があると言えるでしょう。

コメントは受け付けていません。