債務整理にかかる費用の相場はいくら?

債務整理を弁護士に相談する場合には費用がかかります。

債務整理が必要な状況となった場合、専門的な法律の知識が必要となるため、自分で手続きをするには無理があります。そのため、借金問題に精通した弁護士や司法書士に依頼をして手続きをしてもらうのが安心で確実です。債務整理にはいくつかの種類があるので、任意整理で済むのか、過払い金請求で解決するのかなどの判断も必要です。借金問題の解決は弁護士に依頼をすることが多いですが、高額な費用がかかるというイメージがあり、踏ん切りがつかない人も少なくありません。弁護士報酬には明確な決まりはなく、費用の設定は弁護士に任されています。そのため、刑事事件などは高名な弁護士に依頼すると法外な費用がかかる場合もあります。しかし、過払い金請求と任意整理に関しては、日本弁護士連合会が債務整理事件処理の規律を定める規程を設定しているので、この規定を大幅に超える費用は掛からないシステムになっています。

たとえば、弁護士に依頼した場合にかかる費用には、相談料、着手金、報酬金、減額報酬で構成されています。ほとんどの契約以前の相談費用は無料です。債務整理が必要な金融機関が1社の場合、着手金の相場は3万円から5万円です。報酬金は無料の事務所もありますが相場としては高くても2万円です。減額金は、減額できた金額の1割が上限なので、100万円の減額ができれば10万円の支払いが必要になります。弁護士事務所の公式サイトでは明確な料金が記載されている場合もありますが、相談の段階で費用について話しておくと安心です。

コメントは受け付けていません。