債務整理をしたら賃貸マンションの契約はできないの?

基本的に債務整理の情報が不動産会社に知られることはありませんが、新規の賃貸マンションの契約は、現金払いできる物件を探すのがポイントです。

借金の返済が困難になって債務整理をしたとしても、賃貸マンションの更新や契約ができなくなる心配はありません。債務整理をした場合、信用情報機関の情報に事故の記載がされます。いわゆるブラックリストと呼ばれているものですが、クレジットカードでの買い物ができなくなったり、新規に契約をすることができなくなるというデメリットがあります。ただ、信用情報機関の情報を閲覧できるのは、本人と金融機関に限定されています。不動産会社は閲覧できないので、賃貸マンションの借主の経済状態について、明確に知ることは不可能です。そのため、債務整理を行ったとしても、賃貸マンションの更新や新規契約ができなくなることは基本的にはありません。

ただし、支払いにクレジットカードを使用している場合には、債務整理してから数年間はクレジットカードが使用できないので、契約に支障が出る場合があります。賃貸料の支払いがクレジットカード限定となっていない場合には、振り込みなど別の方法で支払うようにすると良いでしょう。また、賃貸契約には保証人が必要となりますが、保証人がいない場合、保証会社を利用することもできます。保証会社は信用情報を閲覧できないのですが、独自調査ルートによって債務整理の事実が明らかになることもあり、この場合には契約ができないケースがほとんどです。債務整理後に新規で賃貸マンションを契約したい場合には、現金で家賃の支払いができる物件を探すことがポイントです。

コメントは受け付けていません。