債務整理に必要な手続き期間はどのくらい?

債務整理に必要な手続き期間は整理する方法によってケースバイケースで、最も簡単な手続きで済む任意整理の場合なら最長で約6ヵ月かかります。

債務整理といっても、その人に状況によって任意整理や自己破産などがあるので、手続き期間はケースバイケースです。債務整理の中で、最も短い手続き期間で解決できるのは任意整理です。裁判所の手続きが不要なことや、提出書類が少ないことが主な理由です。任意整理の場合、弁護士でなく司法書士に処理を依頼するケースも多く入ります。この場合、費用も少なくて済みます。手続き期間は一般には3カ月程度ですが、長くても6ヵ月あれば解決できます。しかし、裁判所への手続きが必要な個人再生や自己破産となると、手続き期間は1年近くかかってしまうこともあります。

任意整理を司法書士に依頼した場合、まず、受任の手続きをします。お金を借りている業者に対して、司法書士が代理で任意整理の手続きをするという通知を行うことを言います。そして、受任通知送付後に、業者側から取引明細書が送られてくるのですが、この期間が約2カ月近くかかります。司法書士は送られてきた取引明細を元にして、利息制限法に照らし合わせて返済額や利息再計算を行います。この処理の終了にかかる期間が1カ月程度かかります。計算結果をもとにして、支払回数や返済金額について業者側と和解交渉を行い、交渉が成立すれば和解契約を結びます。差異が発生している場合、毎月の返済金額を少なくして回数を増やす交渉を行うことが多く、和解契約後の利息は基本的にはゼロになるので、難色を示す業者もあります。そのため、和解契約が成立するまでにさらに数カ月を要することもあるのですが、おおむね受任手続きから6ヵ月のうちには和解交渉は成立すると言われています。

コメントは受け付けていません。