順調な返済ができなくなった場合には厳しい取り立てがあるの?

借金の返済が滞ってしまったとしても、テレビドラマのような厳しい取り立てはありませんがどうしても返済できない場合には債務整理が必要です。

借金の返済が滞ったとしても、テレビドラマのようなしつこい電話攻撃や、住まいの至る所への張り紙などのような激しい取り立てが行われることは、現在ではありません。貸金業規制法によって、取り立て行為は規制されています。勤務先や家族宛に電話がかかることはないので、返済が遅れたとして他人に借金がわかってしまう心配はないのです。ただし、督促状に対して反応がない、電話での連絡が付かないなど正当な理由がある場合に限っては、勤務先に連絡されてしまう場合もあります。法律では、債務者以外の人に借金の事実を周知する行為は禁じられているので、本人に連絡が届いているにもかかわらず取り立ての行為があった場合には、処罰の対象になります。また、借金をした本人と保証人以外には返済の義務はないので、家族などに取り立てが行われた場合には、警察に通報したほうが良いでしょう。

どうしても借金の返済ができない状況になってしまったら、できるだけ早く借金専門の弁護士に相談をすることが大切です。相談の結果、債務整理した方がいいとなれば、弁護士に処置を依頼すれば一切の取り立ては行われません。債務整理の契約をした弁護士は、金融業者に対して債務整理の通知を行います。この通知が届いたのちも、しつこい電話や戸別訪問による取り立てが行われるようなら、明らかに違法です。債務整理を依頼した弁護士に相談をすれば、対処してもらえますし、それでも取り立てが続くようなら警察に通報すれば解決します。いわゆる闇金業者でない限りは、違法な取り立てに悩まされることはまずありえないので、いかにして返済をするか早めに弁護士に相談をするとよいでしょう。

コメントは受け付けていません。