債務整理をしてブラックリストに載った場合、何年で消えるの?

債務整理をすると信用情報に事故情報が記載されます。何年で消えるか心配になりますが、複数ある信用情報機関から消えるまでには5年程度かかります。

借金をしても、返済計画に沿って遅滞や延滞することなく返済をしていれば、何の問題もありません。ただ、金融機関が加盟する信用情報機関には、金融機関の利用状況が記載されます。この時点ではブラックリストではありませんが、万が一、返済が滞ってしまった場合には、事故情報として記載されます。これがブラックリストと呼ばれている状態です。信用情報機関には、日本信用情報機構、CIC、全国銀行個人信用情報センターがあり、正規の金融機関はこれらのいずれかもしくは全てに加盟をしています。金融機関やクレジットカードの利用者の氏名、住所、金融機関の利用明細などの個人情報が記載されています。

事故情報は遅延・延滞でも記載されますが、任意整理や自己破産などの債務整理をした場合でも掲載され、事故情報が記載されている間は新規の借り入れができなくなります。掲載される期間は信用情報機関や債務整理の内容によって異なります。延滞の場合だと、延滞が始まってからから3カ月くらい支払いがないと記載され、延滞解消から1年程度事故情報が記載されます。もっと大きな債務を抱えた場合には、程度に応じて債務整理が必要になります。何年で事故情報から消えるのか気になりますが、最低でも5年間は掲載され続けます。債務整理後の返済スケジュールに従って順調に返済をしていても、完済までは事故情報が消えることはありません。しかし、債務を抱えてキャッシングや借り入れを繰り返すと何年も完済できない状況が続くので、弁護士などに債務整理の相談をして完済できる方法を模索したほうが、事故情報の記載が削除される期間も早まります。

コメントは受け付けていません。