債務整理に必要なものにはなにがあるの?

債務整理に必要なものは、債務額や依頼した弁護士事務所によって多少の違いがあります。相談のときに確認をしておくと処理がスムーズになります。

債務整理を弁護士に依頼する場合には、提示もしくは提出が必要なものがいくつかあります。弁護士に手続きを依頼する場合には、勤務先に知れないように嘘をつく人がいますが、債務整理をして勤務先に連絡がいくことはないので、正直に借入金や負債額を申告する必要があります。また、債務額の過少・過大申告、収入の過少・過大申告をする必要もありません。正しい数字で書類を作成しなければ、債務整理自体ができなくなります。

まず、依頼者の身分証明書が必要です。運転免許証、パスポートなら顔写真が付いているのでベストですが、住民票や保険証など現住所が記載されている証明書でも代用できます。債務者一覧も必要です。どこの金融機関から借り入れをしているのか、いくら返済ができているのか、残金はいくらあるのかなどを書き出しておきます。契約書や返済明細書などがあると処理がスムーズになります。銀行引き落としになっていれば引き落としの記録のコピー、ATMで入金をしたときの取引明細でもいいです。これらがない場合には、思い出せる範囲でも大丈夫です。債務整理をすると、クレジットカードは利用できなくなるので提出を求められます。また、借り入れ先のキャッシュカード類も提出しておきます。契約書に捺印するための印鑑、収入が証明できる書類も必要です。源泉徴収票や給与証明で大丈夫です。無職の場合には、貯金通帳が必要となることもあります。さらに、債務額によっては、不動産の登記簿や生命保険証書が必要となることもあります。ケースによって必要なものが若干異なるので、弁護士に相談をするときに確認をしておくと、契約がスムーズに行えます。

コメントは受け付けていません。