債務整理後に借金ができない期間があるのは本当?

債務整理後にどうしても借金が必要になった場合には、申請する前に信用情報機関で自分の信用情報がどうなっているのかを確認するとよいでしょう。

債務整理の手続きをしたとしても借金は残っているので、返済義務がなくなるわけではありません。債務整理には債務額によっていくつかの方法があって、元も簡便なのは裁判所に申し立てをする必要がない任意整理で、この他の自己破産や個人再生などは裁判所への申し立てが必要です。いずれの場合でも債務整理を行った場合に、信用情報機関に事故情報が記載されるので、最低でも5年間は新たな借金ができません。債務整理後に新たな借金ができるようになるのは、事故情報の記載が消えた後になります。

ただ、債務整理から5年が過ぎて借金を完済したとしても、新たなクレジットカードの申請をして審査に落ちる場合があります。1社に落ちたとしても、他の金融機関なら大丈夫かもと数社に同時に申請をしても結果は同じです。新たな借金が必要となった場合には、信用情報機関に問い合わせをして、自分の信用情報がどうなっているのかを確認したほうがよいです。ただし、信用情報機関は3つあり、それぞれに信用回復までの期間が設定されていますし、利用したい金融機関がすべてに加盟しているとは限らないので、念のために3か所の信用情報を確認しておくと安心です。また、銀行からの借り入れで債務が発生した場合には、信用の回復までの期間が長い傾向にあると言われています。対して、消費者金融の場合は、比較的短期間で事故情報が抹消され易い傾向にあるので、どうしても借金が必要な場合には、消費者金融系に申し込むと審査に通りやすいかもしれません。

コメントは受け付けていません。